アパートを不動産投資として所有するために知っておきたいこと

引越し後の作業

日頃から注意して生活する事

アパートの賃貸契約を結ぶ際、大家さんや不動産業者から説明される中に修繕の責任範囲があります。生活をしていると、壁紙や床は自然と劣化していくのでその範囲は責任を負う必要がありません。しかし、床に穴を開けたり壁紙を大きく破損した場合は、原状回復をしなければならないので修繕費用を支払うように求められます。敷金礼金を支払っている場合はその中から差し引かれますが、それでも足りない場合は差額を自己負担しなければなりません。アパートを契約している間は自分のプライベート空間ですが、契約後は自分の物ではないので注意して生活をしなければなりません。退去時に不要なトラブルに発展する事を避ける為にも、掃除は細目に行い無駄な出費を出さないようにすることが必要です。

内覧時に細部までチェックする事

アパートを契約する際に、手入れが行き届いていないと感じたら大家さんに修繕依頼を打診してください。状況に応じては、修繕の対応を行ってくれることもあるので諦めずに交渉する事が大切です。アパートの内覧に行った際に修繕済みと説明されることがありますが、本当に行っているのかどうか怪しい物件も中にはあります。目につきにくい押し入れの中などは放置していることもあるので、カビなどが生えていないかチェックする必要があります。間取りや雰囲気だけでなく水回りが清潔に保たれているかどうかも調べてから契約を行うことが大切です。部屋のトラブルだったにも関わらず、自分に責任が跳ね返ってくると厄介なことになるので内覧に行った際は業者と細かく調べることが大切です。